ホスラブの誹謗中傷を弁護士による特定と削除

ホスラブの誹謗中傷を弁護士による特定と削除

ホスラブとは?

ホスラブ(ホストラブ)は水商売関係の話題が沢山ある掲示板で、非常に人気があり多くの人が利用をしています。

この掲示板は影響力が強く存在しているので、ここでなんらかのトラブルが起こるとビジネスに支障が発生することがあります。

そのようなホストラブの誹謗中傷に対しては専門の業者に頼んで、問題のある所について削除をすることが効果的です。

このホストラブでは問題のある書き込みに対して削除依頼をすれば、ある程度は対応をしてくれますがしないこともあります。

そのため何らかの形で対応をしないと上手く問題の解決ができず、大きなデメリットが発生することになります。

ホスラブ誹謗中傷対策は弁護士

ホストラブの誹謗中傷対策では弁護士が利用しやすく、専門知識を持った弁護士に依頼をすればすぐに解決ができます。

掲示板の書き込みはネット上で行われるものなので、そういう方面の知識を持った弁護士でないと対応ができません。

その点このようなネットトラブルを専門にしているところならば、弁護士による特定もしやすくすぐに問題の解決ができます。

ネット上のこのような問題に対しては削除の依頼をするだけでは不十分で、根本的に対処をしないといけないケースもあります。

なぜなら問題のある書き込みをした人物はまた同じことをする可能性が高いからで、そういうことについては理解をしておく必要があります。

問題のある書き込みをする相手に対してはIPアドレスを特定することによって、どのような人物が書いたのか把握することができます。

そういう形で対象の人物を調べることができれば、名誉毀損などの訴訟をして対応をすることも可能です。
今の世の中ではネットの影響力が非常に強くなっているため、このような問題に対応することは重要になっています。

ただそのときは普通の弁護士に依頼をしても対処をすることができず、警察もこのようなネット問題は苦手にしている所があります。

そういう所がありますからホストラブの誹謗中傷に対しては、専門知識を持った業者を利用することが効果的です。

また最近はパソコンを使ってホストラブを利用する人が減っていて、携帯電話を利用した書き込みが増える傾向があります。

携帯電話からの書き込みはパソコンとは違って誰が書いたのかが分かりづらいため、こういう問題に対しては早めに相談をすることが大事です。

携帯電話を利用した書き込みは早い段階で誰が書いたのかが分かるデータが消えるので、被害を受けた時はすぐに対応をしたほうが安全です。”

犯人がわかるかも?!IPアドレスから犯人を特定するまでの流れ

犯人がわかるかも?!IPアドレスから犯人を特定するまでの流れ

インターネット上の掲示板に自身の悪口を書かれていた場合、それは“犯罪行為”である可能性があります。しかし、インターネットというのは匿名の世界で、誰が犯人であるかなんて特定しようと思っても難しいと考えてしまいがちです。では、なぜ警察などに被害を訴え出ると、犯人を突き止めてくれるのでしょうか。答えは、IPアドレスにあります。

IPアドレスと犯人特定

まず、IPアドレスとは?という疑問についてお答えまします。IPアドレスとは、いわゆる「ネットの住所」のようなものです。一人ひとりに割り当てられている番号で、重複するということはありません。例えば、郵便物を届けたいと考えます。その際に、同じ住所が複数あったとすると、配達する人は混乱してしまいます。しかし、現実にはそのようなことはありません。IPアドレスも同様です。IPアドレスは、世界に1つしかない番号で構成されており、重複することはありません。

IPアドレスは、プロバイダーと契約した際に自動的に割り当てられており、この番号がなければインターネットにアクセスすることはできない仕組みになっています。IPアドレスについて学んだところで、実際の行動に移します。掲示板に書き込んだ人のIPを調べるには、まず自身が被害にあっていることを証明しなければなりません。これを、同定可能性といいます。同定可能性とは、「掲示板に書かれている人の悪口が、被害者に対してのものである」と認識されるということです。

例えば、掲示板に「某社の社長Aがやらかしたらしいよ」という文言が書かれていたとします。それをAが発見し、被害を訴えても、全国にAという社長がいれば自身がターゲットになっていると証明しているとは言い難いのではないでしょうか。これと同様に、掲示板に書き込まれている悪口が、必ず本人のものであると証明できなければ、次のステップには進めません。では、自身が被害にあっていると確証が得られたのであれば、そのサイトを保存しておきます。

これは、後々証拠になることもありますので、出来れば印刷してとっておくと良いでしょう。書き込んだ人を特定するには、少なくとも半年以上かかります。その間に、ウェブページが閉鎖されてしまうと証拠が無くなってしまいますので、できれば印刷してください。その際に、必ずURLを記載しておくようにしてください。URLがあれば、証拠として採用される可能性が高くなります。URLは、全文です。省略されてしまうと、特定することが困難になり証拠として採用されません。

次に、掲示板の管理者宛に削除依頼を出します。削除依頼を出せば、すぐにそのページを消してくれます。しかし、中にはなかなか対応してくれないサイトもあります。その後、管理者宛にIPアドレスの開示請求を行います。すぐに開示してくれるところもあれば、開示してくれないところもあります。この場合は、弁護士に頼むと良いでしょう。弁護士が依頼しても対応してくれない場合は、裁判となります。裁判所が、仮処分を出せば管理者は速やかに対処してくれます。

管理者から出されるIPアドレスを使い、プロバイダーに開示請求を行います。プロバイダーは、個人情報を把握していますので、開示されたIPアドレスを使い、開示請求を行えば、個人情報を開示してくれます。この個人情報を開示する根拠は、プロパイダ責任制限法です。被害者の保護を目的として作られた法律で、発信者情報開示請求ができるよう規定されています。しかし、悪口を書かれた個人がプロバイダーに対して開示請求した場合、多くの場合は「拒否」されます。実は、発信者情報開示請求をした場合、「発信者宛に発信者情報開示請求照会書」というものが、発信者に送付され、個人情報を開示してよいか尋ねられます。そこで、開示してもよいと返ってくればすぐに開示されますが、無視または拒否をされると、プロバイダーの方で判断を行い、必要性がなければ拒否されてしまうのです。

誹謗中傷と弁護士

そこで弁護士の出番です。弁護士に依頼すれば、プロバイダーは個人情報を開示してくれますのでその情報を元に、名誉毀損で民事訴訟を起こせます。民事訴訟では、損害賠償請求できます。民事訴訟が始まったとしても、相手が非を認めなければ、判決または和解まで時間がかかります。その間に、相手の悪口を書き込んだりしてしまうと、逆訴訟を起こされてしまう恐れがありますので、注意が必要です。これが、IPアドレスから犯人特定までの流れです。最初から弁護士に依頼するという手もありますが、かなりの費用がかかってしまいます。そのため、ある程度は自身の手で行うと良いでしょう。.

まず、証拠の保存は自身で行っておくべきです。これも依頼してしまうと、かなりの手間賃がかかってしまいます。また、弁護士の先生の判断で証拠採用が進められてしまうため、自身が訴えたいことを取り上げてもらえない事があります。自身が訴えたいことを含めるためにも、自身で証拠集めから証拠保存までしておくべきです。弁護士ですが、同定可能性あたりから依頼すると良いでしょう。証拠を持って行き、弁護士の先生が受けてくれるというのであれば、それは同定可能性が認められた事になりますので、掲示板の管理者やプロバイダーに開示請求をする手続きが始まります。

弁護士が必要なくなる場面もありますが、できれば最初に引き受けてくれた同じ弁護士に依頼すると良いでしょう。弁護士を変えてしまうと、状況説明を何回もしなくてはならず、手間がかかってしまう上、判断が分かれてしまう恐れがあります。そういったことを防ぐために、同じ弁護士に依頼すると良いでしょう。実際に、掲示板に悪口が書き込まれ、精神的な苦痛を味わっていた場合の慰謝料の額は、数十万円から数百万円です。仮に、弁護士費用が100万円かかってしまっていた場合、赤字となり裁判を起こした意味がなくなってしまいます。しかし、近年の裁判所の判例では、「弁護士費用は相手方の負担とする」ということを認めており、裁判に勝利すれば弁護士費用を払うことなく、お金をもらうことができます。このように、掲示板に悪口が書き込まれた場合、IPアドレスから犯人を特定する事ができます。費用も時間もかかってしまいますが、勝算があるのであれば、裁判を起こして損害賠償請求するのも良いでしょう。

ネット誹謗中傷対策においての法的対応プロバイダ責任制限法

ネット誹謗中傷対策においての法的対応プロバイダ責任制限法

誹謗中傷に有効な「プロバイダ責任制限法」!

ネットにおいては、匿名で投稿できたり、サイト運営者の個人情報保護の観点から、ネットで個人に対して誹謗中傷されたとしても、どうしようもできない時代が旧来はありました。ネットの促進や憲法が保障している「思想・良心」という人権の保護の為です。

しかし、多面で、誹謗中傷された個人の人権の保護も急務となってきました。そこで、国が誹謗中傷された個人の人権の保護するために、新たな法律を作りました。2005年に作られた「プロバイダ責任制限法」です。この法律は「ネット誹謗中傷対策」の為の法律です。

この法律の誕生により、誹謗中傷された個人の人権は大きく保護される事になりました。

この法律により、プロバイダ(掲示板等のサイト運営者を含む)に法的に誹謗中傷記事をネットから削除依頼する事が認められました。この時に、誹謗中傷記事を削除した者が、削除された者から民法709条等により損害賠償されたとしても、その場合の法的義務は無いという事が担保されました。

また、プロバイダが誹謗中傷記事について、削除依頼があったのに理由もなく、誹謗中傷記事を放置した場合に、誹謗中傷された者が当該事案について損害が発生した場合には民法709条等を根拠に賠償請求権が担保されました。

発信者情報とは何か?

プロバイダ責任制限法は、被害者から要求があった場合に、誹謗中傷をした者の情報を開示提供する「義務」が担保されています。

この義務ある情報とは、発信者等の指名・名称・住所・電子メールアドレス・IPアドレス・侵害情報送信年月及び時刻です。

但し、情報開示は無条件ではありません。開示についての可否について「発信者」の意見を確認しないといけません。この場合には、発信者の意見を確認できない場合にはその限りではありません。

発信者等の情報の開示を「受けた者」はこの情報を悪用してはいけません。悪用した場合にはそれにつき損害賠償義務が生じます。

また、情報開示しなかった場合に、被害者に損害が発生した場合に「故意・重大な過失」がなければ当該事案について賠償責任は負いません。

ネット誹謗中傷対策として有効な逆SEOとは何か

ネット誹謗中傷対策として有効な逆SEOとは何か

誹謗中傷サイトが削除できない時どうする?

インターネットは匿名性が高い為、誹謗中傷される可能性が高く、実際にその被害を受けている人や企業も存在してます。
ネット誹謗中傷対策として従来行われてきていたのが当該の内容、若しくはサイト自体を削除するという事です。
誹謗中傷と言うのは名誉毀損にもあたる可能性があり、さらにプライバシーを侵害している事も有ります。

そうしたサイトは法的にも違反と見なされる為、被害を受けている側は削除を依頼する事が可能です。

しかしサイトによっては削除依頼を出したとしてもその申し出通りに削除してもらう事が出来ない場合も多く、依頼を出したにも関わらず放置されている事例もあります。
また、削除依頼を出したが為にその内容を知る人が多くなる、と言う事も起きています。

逆SEOは、削除されない時に有効!

そこで行われるのが逆SEOです。

誹謗中傷している内容が他の人に見られない様にする事を目的として行われる物で、当該サイトが削除されない時等に利用されます。

逆SEOとはそうしたサイトや内容を他の人に見られない様に検索エンジンの上位に出ない様にする事です。
検索エンジンで調べた時に上位に出なければ、その内容を見てしまう人も少なくなるため被害を最小限にする事が出来ます。

通常行われるSEOの場合は上位にランキングする様にするものですが、逆SEOは上位にランキングされない様にする事を指す言葉です。

逆SEOとして行われる方法としては、誹謗中傷を行っている内容が掲載されているサイトに似たサイトを多数作成したり、そのサイト自体の評価を下げるという事が行われます。

ただ新しいサイトを複数作って当該サイトの順位を下げるという事は共通していますが、それぞれの事例によって利用される方法も変わってきます。

また、当該サイトよりも良質のサイトを作る必要がある為、ただ新しいサイトを作るだけでは逆SEOの効果を感じにくくなってしまう可能性がある為、できるだけ新しく作るサイトの品質・内容にも留意して作成します。

ネット上で誹謗中傷にあった際の対処

ネット上で誹謗中傷にあった際の対処

ネット誹謗中傷の拡散がひどい

インターネットは環境が揃っていれば誰でもすぐに利用出来ます。様々な情報を載せているインターネットサイトがあるので必要な情報を簡単に集める事が出来るようになっており、自分で情報を自由に載せられるサイトも多いです。基本的に自分の個人情報を伏せて情報を投稿出来るサイトが多いので、気軽に情報を投稿したり同じ趣味の方が集まる場所で会話を楽しむ事も出来ます。

しかし、個人情報を伏せて書き込みが出来るせいで悪口を書き込む方も増えてきています。インターネットは目立つ場所に書き込みがあると、情報源が何であろうとチェックするだけで悪い印象を持たれる方も多いです。

他人の本名や住所を載せて悪口を書き込む方も居ます。

逆に書き込んでいる方がどのような方なのかは誰にも知られないので悪い印象を持たれるのは悪口を書かれている方だけになってしまいます。

名誉毀損、誹謗中傷書き込みは一度広まってしまうと、情報を載せた方が仮に逮捕されるような事があっても情報自体は広まって他の方がまた噂を流してしまうので解決するのが難しくなってしまいます。

ネット誹謗中傷は弁護士相談へ

ネット上で誹謗中傷があった時にはすぐに弁護士に相談しましょう。確かにインターネットでの悪口や捏造した情報の書き込み等は解決するのが難しい悩みですが、弁護士の方なら安心して任せられます。こういったトラブルが増えてきているので対応してくれる弁護士も増えてきており、書き込みを行った方の情報を調べてくれます。

犯罪を示唆するような危険な書き込みが合った場合は確実に犯人を特定して貰えるので安心です。また、相談する場合はなるべく早めにしましょう。犯人が捕まっても情報が広まっているとどうしようもなくなってしまいます。早めに犯人を捕まえて貰い、該当する情報を載せているサイトの記事を消して貰う事で情報を広がるのを防げます。僅かに情報を調べた方は居ても、少数だと時間が経つにつれて忘れられて行くので安心です。

WEBブランドは、積極的に守る時代になっているのです。

WEBブランディングはマニュアルの作成が重要

WEBブランディングはマニュアルの作成が重要

WEBブランディングとは?

WEBブランディングを行う場合には、まずどのようなことを行うべきなのか会議を開き、これで大丈夫と判断してから実行に移します。成功しない場合にはまた会議を行うようになるのですが、成功した場合にはしっかりとマニュアル化しておき、求人を出して新人を採用したとき、研修に使用できるようにしておくことが重要です。
毎回同じセールスプロモーションを行っていては、新規顧客開拓をするのは難しい場合も多いのですが、成功した実績をマニュアル化しておくことで、新人教育や今後どのようなWEBブランディングを行っていくのかという点でも役に立ちます。
よく営業や電話対応を中心に行っている企業では、このように対応しなさいというマニュアルが設けてある場合が多いですが、セールスプロモーションでも同様なのです。マニュアルはただ作成すればよいというわけではなく、新入社員が見てもこのように行ったのかとわかるような内容でなければいけませんので、1人に任せるよりも、複数の人と共同で作成するのが望ましいでしょう。

スケジュール管理も大切

通常会社というのはずっとWEBブランディングを行っているわけではありません。営業や製造、販売や経理など、やらなくてはいけないこともたくさんあるので、まずは誰が担当するとかという人選が重要になります。次にどのような方法でWEBブランディングを行うのかという協議も必要です。
しかし、やみくもに行っていては意味がないので、スケジュールをしっかりと立てて管理することが大切になってきます。いつどこで何をどのように行うのか、何時間ぐらいWEBブランディングに時間を費やすのかというところまできちんとスケジュールを立てておかないと意味がありません。
計画性のないような会社では、とてもWEBブランディングを成功させることはできないでしょう。人材が足りないのであれば求人を出す必要もありますし、新規顧客開拓を行う専門の人材が必要なのかという点まで決めておく必要があります。スケジュール管理はWEBブランディングを行うときではなく、会社を運営する上では絶対に行わなくてはいけません。